TESTIMONY

「ドキュメンタリー」なのか「ショウ」なのか。“映画”制作現場のスタッフに聞いた。

撮影監督/会田正裕の証言
監督の言葉と台本の文字から、具体的な映像のイメージを作り上げていくのが、撮影監督の仕事。そういう意味では、監督の表現力が素晴らしかったので、最後のステージも含めて、やるべきことも多かったけど、大きな充実感がありました。今回は直感的に、現場で起きている現象を見守るような、優しい目線にしたくて、ゆったりしたフレームに。シネスコにしたのは、圧巻のステージをあたかも舞台のように見せたかったから。ショウが始まる前のロビーのシーンは、普通なら点描で描くところを、一気に見せたいという監督の思いを、スタッフ、キャスト全員で実現させよう、と。カメラがスイングするような、長回しのワクワクカメラワークになりました(笑)。
監督補/杉山泰一の証言
監督もフィルムで育った世代なんだと実感しました。自分が撮りたいビジョンをはっきり持っているので、スタッフへの指示に迷いがない。無駄なカットは撮らないし、カット割も全部頭に入っているから、台本を開くことがないし、そもそも現場に持ってきてなかったかも(笑)。カット割の説明が、途中から演出になっていく、流暢な監督の話を交通整理するのが、僕の一番の仕事でしたが、勉強になることが多かったです。5人のダンサーが映画の現場に慣れる意味もあり、最初の撮影にオーディションのシーンをぶつけました。しんどいシーンでしたが、ドラマと撮影が一体化して盛り上がれたことで、全員が最後のパフォーマンスに向かっていけたと思います。
脚本/両沢和幸の証言
大きな枠組みは、既に監督の中でできあがっていました。散らばったエピソードをまとめるのが僕の仕事でしたが、若い頃にはJUNの役をやるつもりだった監督が、ダンサーという立場を降りてもなお、このテーマを取り上げたい理由を見出す必要がありました。原案に加えた大きな変更点は、毛利の死です。世代交代がひとつのテーマだと考えて、新人脚本家のつもりで挑みました。監督と打ち合わせを重ねる中、通ってきた映画や好きな映画、映画的境遇に共通項を感じられたのも嬉しかった。現場での監督の佇まいには、助監督時代に仰ぎ見ていたベテラン監督たちの姿を思い出しました(笑)。
音楽/佐藤 準の証言
ワルツをタップとどう合わせるのだろう?と思いながら作った『Autumn Waltz』は、完成作を観て、なるほどなあと。移ろいゆく秋に対する“もののあはれ”を感じました。『Romantic Winter』の、白で表現された世界も好きですね。季節の変化を色で捉える、監督の感覚が反映されていて。MAKOTOが華を抱き寄せるシーンのBGMは「ビートルズっぽい音楽が欲しい」という監督の思いつきから。曲が入るタイミングも、面白かったですね。渡の部屋で流れる曲は「暗さだけじゃない。渡の抱えているつらさを、前面には出したくない」という監督の意向がありました。
録音/舛森 強の証言
最初に監督から「生活環境音で映画を組み立てたい」と言われました。映画の方向性を探る中で、ショウができあがるまでのドキュメンタリーが、ひとつのテーマだと摑んでからは、台本をもとに、登場人物たちの履歴書を作り始めました。どういう場所に生まれ、育って、という、それぞれの生活環境を形作ることで、一人ひとりの音をあてはめていく。そうやって全部の音が途切れず、きれいにつながっていく中、唯一、渡の人生を象徴する、杖と足の音を消したところがあります。そこだけは観客目線ではなく、渡の心情で見せたかったんです。
照明/松村泰裕の証言
いかに暗部を作るか? がテーマでした。撮影監督の会田さんと意識していたのは、洋画風のライティング。光を上からではなく、横から当てることで、一方を明るく、他方を徹底的に暗くして、メリハリをつけました。渡の部屋のシーンでは、彼の過去を反映した固い光の中にも、方向性を加えています。渡の暗さとは対照的に、稽古場をはじめ若手ダンサーのシーンでは、割れた鏡を使うなど、画の中にキラリと光るものを取り入れました。
美術/近藤成之の証言
台本から、ショウビジネス界を舞台に、本物のタップダンスで人々を感動に引っ張っていく、現実と空想の世界をイメージしました。ロケハン時に監督が、その場所で撮るシーンの出演者全員分の芝居を見せてくれることで、美術のフレームが読めてきました。「THE TOPS」の撮影が行われた東京キネマ倶楽部は、既に完成された空間。モダンな壁面、天井、柱を活かしつつ、事務所から舞台を見下ろせる空間を、吹き抜けの三階に作りました。
衣裳/渡部祥子の証言
監督に言われたのは、衣裳でキャラクターを少し底上げすること。例えば真面目なMAKOTOの練習着には「enough」を逆にしたTシャツを。引っ込み思案のJUNは、寝間着以外全部襟つきに。役のイメージを膨らませるために、各々の設定を自分の中で考えました。ショウの衣裳は、実際にダンスリハを見て、変更したものも多かったです。MIKAも『サクラ』では足を隠して、メリハリを出しました。
ヘアメイク/山北真佐美の証言
渡の人物像について、監督の「白髪にしよう」という提案から、眉や髭も綺麗に整えず、彼の来し方の印影を表現しています。各キャラク ターについても、気張らない「普段」の彼らと、ダンスシーンに見られる「ショウ」の中に生きる彼らとの対比を意識して提案。特にダンスシーンでは映像で輝くよう、構成や衣装とのマッチングも考慮し、全体の世界観を創りました。
編集/只野信也の証言
編集者にとって一番大事なのは、作品のリズムを作っていくこと。東京タワーの見せ方には悩みましたね。シーンの持つ力を(編集で)もう少し引き出したい思いもあり、渡が模型を壊すシーンでは、ステッキを振り下ろす時にバウンドの間を作らないことで、怒り、悔しさ、そして情けなさ……彼の心情を表現しました。深夜の事務所での萌と渡のシーンでは、萌のセリフを削り、最後にしばらく画を残すことで、彼女の悲しみを際立たせました。
コスチューム
(水谷豊・岸部一徳・六平直政担当)
の証言
台本を読み込んで、冒頭の最高に落ちぶれたシーンを、渡の衣裳の肝と捉えました。錆びれた役どころでも、ただ汚すのではなく、スターの雰囲気を残したカッコいいイメージを監督に提案して。若いダンサーを演出する中、徐々にラフなTシャツや明るめの色のシャツを着せていくことで、渡の内面の変化を表現しています。天才タップダンサーとしての栄光を、完全に取り戻したラスト・ショウでの、タイトなタキシードに結びつく計算です。
プロデューサー/遠藤英明の証言
最初に本作の構想を聞いたのは2015年3月。“日本人の琴線に触れる人間ドラマになる”と直感しました。企画開発として、まずは水谷さんが40年間温め続けていた構想を80枚を超える手書きのメモにして頂き、約半年かけて本作品の原型となるプロットを練り上げました。このプロットと監督メモをもとに脚本家の両沢さんに約2ヶ月をかけて初稿を書き上げて頂きました。キャスティングに関しても手探りの状態からのスタートで、役者にタップを踊ってもらうか、ダンサーに演技をしてもらうかでとても悩みました。最終的には監督が“ダンサーに演技をさせる”との決断をして、その後のオーディションにより素晴らしいダンサーたちと出会うことが出来ました。
監督の人選に関しては、企画開発の初期から“この作品を具現化できるのはご本人しかいない”との確信がありましたので、マネージャーを通じて水谷さんにオファーをさせて頂きました。ただ、いまだにご本人からはお返事を頂いていません(笑)。

HIDEBOH COMMENT

本作のストーリーを聞いて、夢を見ているような気持ちになりました。両親から受け継いだタップダンスを僕も若い頃からずっとやっているんですけど、日本で芸術を追いかけるにはなかなかハードなところもあって。自分の若い頃の苦労がオーバーラップするようで、感慨深かったです。

 作中のタップダンスの監修振付を担当しましたが、最初の段階から監督の演出は明解でした。ショウの構成、各曲の人数などまで確立されていたので、監督のイメージに沿う形で、スムースに楽しみながら作っていきました。「春夏秋冬」というショウのテーマはつまり、タップダンスという言葉を超えた表現で、世界の人に“日本とは何か?”を感じてもらうこと。日本の良さを出しながらも、日本人的リズムにはしないように意識しました。
クライマックスの『感動のダンス』は、本来ならば手拍子を入れたりして、間を作るところですが、監督からNGが出ました。「限界を超えないと、感動のダンスにはならない」とおっしゃるので、バランスを度外視した、過度な振り付けでステップを追求しました。一堂に会したダンサーのパワーが、一心不乱に極限に立ち向かっていく。さらに監督のリクエストで、もともと2分30秒だった曲が、3分30秒に延びて! 僕も大分練習しないとできないほどのダンスを(5人のダンサーは)クリアしてしまうのだから、人間ってすごいですよね。本作に参加して、全身を使って感情を表現する、タップの魅力を俯瞰することができました。タップとは技法に過ぎず、生き物の大本なんじゃないか、と改めて感じています。
いい意味で遠慮なく意見を言ってくださる監督や(撮影監督の)会田さんたちと一緒に、新しい表現を模索する時間は、ただただ嬉しいものでした。少年のような二人の姿に、自分もこういうピュアな気持ちを持ち続けながら、ものを作っていく、カッコいい大人になりたいと思いながら、夢中で取り組みました。

DANCE SET LIST

ラストダンス24分のすべて

オープニング/夜光のダンス

  • 「27人が揃い踏みする壮観さで、インパクトを狙いました。リズムには『TOPS』の名前も入れて、印象的に」 (HIDEBOH)
  • 「監督の発案で、タップを強調するために靴を光らせたいと。本番で27足分全部がうまく点灯できるかどうか、初日からずっと気がかりでした」 (小道具/榊さくら)

サクラ

  • 「日本の代表曲に乗せて、桜の花のような妖艶さの中に、嬉しさや物悲しさを表現しました」 (HIDEBOH)
  • 「髪の毛に桜の花をふわふわと散りばめて、MIKAを印象づけようと。動くとライティングに反射して、キラキラと見える、髪飾りを作りました」 (ヘアメイク/山北)

リパブリック賛歌

  • 「アンニュイさの一切ない曲に、リズムをはっきり刻んだ元気はつらつとしたタップで、観客に改めてご挨拶する意味を込めました。作中、ずっとぎこちなかったJUNとRYUICHIの関係も、この曲でほどけていく。最終的に“一緒にやるか!”という気持ちの伏線が入っています」 (HIDEBOH)

サンバ

  • 「サンバってリズム性が高いので、細かいリズムをたくさん入れて、アンサンブルで表現しました。MAKOTOを迎えてからは、みんなでユニゾンを踊る。夏の明るいイメージの中、落雷から雨が降り始めるストーリーは“苦あれば楽あり”という監督の人生観と捉えました」 (HIDEBOH)

ウォーターダンス

  • 「タップダンスで雨と言えば、ジーン・ケリーの『雨に唄えば』(52)が有名ですが、傘を差して避ける日常の雨とは違い、非日常の中では童心に帰るというのか。雨の気持ちよさに、水と遊ぶようなピュアさを、ステップで出しました」 (HIDEBOH)

オータムワルツ

  • 「秋という季節に男女の駆け引きをかけて、三拍子のワルツに、タンゴ風のタップで表現しました。JUNとRYUICHIには踊りの変化を表現してもらいました」 (HIDEBOH)
  • 「一人ひとり個性のある、タップの音にしたかった。男女の踏み方の違いがうまく出た曲だと思います」 (録音/舛森)

フラメンコ

  • 「正直、一番時間のかかった楽曲です。ソロのMIKAはお芝居も絡んでいたので、大変だったと思います。ただ踊ればいいだけではない上に、ステップが細かく、ボリュームもあって。でも妥協せず、フラメンコの情熱を、彼女らしくセンシティブに表現してくれました」 (HIDEBOH)

セクシー

  • 「渡が突然かけた短い曲の中、MIKAのキャラクターがよく表れています」 (HIDEBOH)
  • 「監督から『“ちょっとだけよ”的な音楽を』とリクエストされた時は、ピンと来なかったのですが(笑)、完成作を観て“なるほど!”と。監督のお茶目なところ、意外性があって好きです」 (音楽/佐藤)

摩天楼のダンス

  • 「監督のリクエストで、憧れの街・ニューヨークを舞台に、世界中からやって来た人たちが、ステップを通して仲間になっていきます」 (HIDEBOH)
  • 「冒頭のトランペット・パートは、監督のアイデア。自分の思っていた以上により良いものになり、ワクワクしました」 (音楽/佐藤)

ロマンティックウィンター

  • 「摩天楼から続き、ニューヨークが舞台。監督のオーダーは『街を包み込む雪を、背景ではなく人間を雪の精に見立てて表現できないか?』というものでした。雪の精になった女性ダンサーたちがMAKOTO を取り囲み、MGMミュージカルのような夢の世界をストレートに作りました」 (HIDEBOH)

感動のダンス

  • 「3分30秒間の長めの曲ですが、一切休みなしで!と、監督の要望を受けました(苦笑)」 (HIDEBOH)
  • 「観客の前で踊った時の録音に、普通なら出ないような息や声が、微かなボリュームで残っていました。思わず漏れた声には、アフレコでは作れない凄みがありました」 (録音/舛森)

フィナーレ

  • 「70名近い大人数で、パワフルに、喜びのダンスを踊る。ありがちなシチュエーションだからこそ、振付師のプライドとして形を揃えたかった。リズムやステップも、世界中の誰が見ても、高いクオリティを目指しました。ダンサーのみんなを誇りに思います」 (HIDEBOH)

PRODUCTION NOTE

4月5日(火)
主人公・渡真二郎(水谷豊)が、完治(六平直政)の運転する真っ赤なマスタングで「THE TOPS」へと向かう、カッコいいシーンでクランクイン。酔っぱらった渡は目を閉じて、春風にあたっている。「渡の顔のヨリを撮っていたBカメの(木村)明代ちゃんが、撮影監督の会田(正裕)さんに『渡って、目を開けたまま眠る設定なんですか?』と確認したんだって。僕は意識してなかったんだけど、どうやら薄目を開けて、完治の芝居を追いかけてたみたい。俳優の時も、ちゃんと監督をやってたんだなって(笑)」(水谷豊監督)。
4月6日(水)
「THE TOPS」の舞台となる、東京キネマ倶楽部初日。渡が、若手ダンサーたちにショウビジネス界の残酷さを徹底的に突きつける、オーディションの撮影が行われた。「芝居のプロではないダンサーにとって、オーディションから順撮りで始めることはとてもいい。ただ初日と言えども、この映画の世界観を決めるシーンだから手を抜くわけにはいかない。僕にとっては、この日が初日の感覚でした」(監督)。厳しい表情をした渡の登場で、50人のダンサーがひしめくオーディション会場に重圧感が広がる。ステッキが折れるほど激しい渡の要求にもがくも、脱落者が続出。撮影に立ち合うHIDEBOHやダンサーたちに、実際のオーディションの様子を確認しながら、リアルな描写を重ねていく。「短いシーンの中で、ダンサーたちがどんどん脱落していく様子を、ステップ、足元、手のカットで積み重ねて、時間を刻んでいかなきゃいけないねって。前日に監督と具体的なカット割の打ち合わせをしたら、どうしても140カット必要だった。この撮影を乗り切れたことは、スタッフにとっても大きかったです」(会田)。
4月10日(日)
芝浦にある日本電気計器検定所で、稽古場のシーン。部屋の三面に窓があり、自然光を活かした撮影が可能な空間に大きな鏡を据えて、趣のあるレッスン場に仕立てた。MAKOTO(清水夏生)のライバルとして、JUN(西川大貴)がレッスンに初参加するシーンでは、渡が「タップで自己紹介してくれればいい」と声をかけて、緊張するJUNを輪の中へ導いていく。渡の「全員だ!」という声で、ダンサー全員の力強いステップの音が、豪雨のように響きわたった(しかし、彼らの顔は笑っていた!)。「タップの音は打楽器専用のマイクで録音しています。全員が好きなように踊っている、バラバラな自由さ。このシーンが前半のピークだと思いました」(録音/舛森)。テストなし、長回しのぶっつけ本番で、撮影は一発OK。ダンサーたちのエネルギーが轟き合う、迫力の画を撮り終えた会田撮影監督が「魂を感じた!」と監督に駆け寄った。
4月20日(水)
板橋区高島平にある病院で、入院した毛利(岸部一徳)を、渡が見舞うシーン。「ロケハンに行って、毛利と同じ病室の患者さんが亡くなるアイデアを思いつきました。治る病気ばかりじゃない、人が亡くなる病院の日常を見せたかった。毛利と渡のシーンでは、多くは語らずとも、昔から続く二人の関係性を表現できたら、と思っていました」(監督)。前日に撮影した渡の部屋での、毛利と渡のやりとりを「絶妙のかけ合い」と絶賛した舛森は「監督はよく『全部聞こえなくていいよ』っておっしゃるんですが、ガラス越しのやりとりの中『タップを踊る時だけ、なぜか渡の声が聞こえるようにしたい』と。監督の演出ってすごいなと思いました」。ラスト・ショウに再起を賭ける男たちの、成熟した友情が静かに描き出された。
4月21日(木)
東京キネマ倶楽部で、ラスト・ショウを鑑賞する客席側の撮影。キャスト30名、エキストラ140名が集合した1階から3階までを、縦横無尽に移動しながら70カットを撮っていく。拍手や歓声のタイミングやボリュームも、監督の頭の中に全てのプランがあるので演出に迷いはない。
ダンサーが観客にダンスの一部を披露する際には「エキストラの方々にも、ショウを体感してもらいたい」という思いを込めた監督の前口上が、客席を盛り上げた。息子(役のダンサー)の晴れ舞台を見守っていた前田美波里も「本心から母親の気持ちになれた」と感動しきり。『感動のダンス』のパフォーマンスには、監督の目に涙が光る一幕も。「長時間撮影につき合ってくださる人たちに、感謝の気持ちを込めて踊りました」と語ったダンサーたちは「今日のダンスを超えるものを、映画ではお見せできるように頑張ります!」とラスト・ショウに向けて、さらに気持ちを引き締めた。
朝7時半からスタートした撮影は、予定時刻を越えて、深夜まで続く長丁場に。しかしセッティング待ちの時間も、次のシーンを軽妙に説明する監督のエンターテイナーぶりに魅了されたのか、観客席の人たちの表情は生き生きとしていた。客席側の撮影が終わると、監督自らエレベーター前に立ち、エキストラの一人ひとりと握手を交わして見送った。残すは渡のショットだ。「病院のシーンなんて、主演なのに背中越しでいいって。俳優としてではなく、監督の佇まいなんだよね。そんな中、PA席からダンサーたちを見守る渡が、本作最高のカットかなって(笑)。渡の表情に、ダンサーたちと同等の達成感を感じました。監督も、芝居じゃなかったって言ってましたね。渡の思いと監督の気持ちが重なったんじゃないかな」(会田)。翌1時をまわって、長い一日が終わった。
4月26(火)〜28日(木)
東映東京撮影所で3日間にわたり、本作のハイライトとなるラスト・ショウの撮影。前日にスタッフ、キャスト全員でリハーサルを行い、カット割などの最終確認をして、翌日の本番に備えた。タイトなスケジュールだが、鍛え上げたダンサーたちのダンスを一目見ようと、普段なら次の準備に追われて撮影現場にいないスタッフの姿も。「ダンサーの一人が本番で振りを間違えて謝った時、監督がすかさずマイクを取って『ほかの人の方が間違っているように見えましたよ』って。素敵な人だなあって思いました」(装飾/山岸正一)。すでにクランクアップした北乃きいも応援に駆けつけ、スクラム感を高めた。
そして最終日の『感動のダンス』。「妥協すると悔いが残りますから、やり直したい時は遠慮なく言ってください」と言い続けていた監督が、長時間踊りっぱなしで疲労のピークに達したダンサーに「最後に一曲通して、踊って欲しい」とリクエスト。ある種のトランス状態に陥って、感情が昂り、涙をこぼす彼らに、監督はなお「泣きたくなるけど、ここは我慢して。観客に涙を見せてはいけない。素晴らしいパフォーマンスを見せることだけが大事。それが僕の考えるエンターテインメントです。これほど哀しい笑顔はない、というくらいの笑顔を見せて」と英断を下した。ひたむきに撮影を終えて、解き放たれた5人の表情は美しかった。
4月30日(土)
タップシューズを作る、靴職人の仕事ぶりを撮って、クランクアップ。六平直政やHIDEBOH率いるダンサーズも集結。岸部一徳は「全く新しい映画監督が生まれた」と、熱い言葉を盟友に贈った。「もう少し長く撮影したいと思ったのは、何十年ぶりの感覚でした。サンキュー!」という監督の笑顔に、毛利のあるセリフを思い浮かべたスタッフ・キャストは少なくないのではないだろうか。それぞれの限界の先に見た新しい世界は、25日間の撮影が終わった後も、決して消えることはない。