• 水谷豊
  • 水谷豊監督
  • 北乃きい
  • 清水夏生
  • 六平直政
  • 前田美波里
  • 岸部一徳

踊ること、夢みること、生きること。

INTRODUCTION

ショウビジネスの光と影、成功と挫折、
華やかなスポットライトと受け継がれる魂。
水谷豊が40年思い続けた夢が、ひとつの映画となった。

ハートウォーミングなキャラクターで見る者の心に光を射したかと思えば、屈折した青春像やアウトサイダーな人物を体現して影を残す。人間の陰と陽を巧みに表現する、希代のアクター・水谷豊。そんな水谷が、映画監督に挑戦するというニュースは、昨春、日本中に驚きをもって迎えられた。

本作の最初の構想が生まれたのは、水谷が20代の頃。その後、ブロードウェイで見たショウにショックを受け、言葉や文化の壁を超えて、足音で奏でる極上のエンターテインメント=タップダンスをモチーフにした、若きダンサーたちの青春ストーリーに思いを馳せた。それから40年の時間を重ねる中、実人生を舞台に、身をもって感じ考えたエンターテインメントに対する深い想いをこめて、本当に作りたいものと向き合う決意をした。
初監督作となる本作では、主演も兼ねて、作品を牽引する。水谷が演じるのは、栄光も挫折も嘗めつくした伝説のダンサー・渡真二郎。トップダンサーを夢見る現代の若者たちを、時にシビアなレッスンで鍛え、時には慈しみ見守りながら、極みへと引き上げていく。男の色気を纏った、ハードボイルドな主人公だ。

水谷監督のもとには、映画の枠組みを超えた豪華なキャスト・スタッフが集結した。渡の盟友・毛利喜一郎を演じるのは、水谷が出演したTVドラマの金字塔『傷だらけの天使』から縁のある名優・岸部一徳。毛利がオーナーを務める老舗の劇場「THE TOPS」を献身的に支えてきた女性・松原貞代を、ミュージカル女優のパイオニア的存在である前田美波里が演じるほか、北乃きい、六平直政など、TV、映画、舞台と、日本のエンターテインメント界を縦横無尽に活躍する、唯一無二の個性と実力を兼ね備えた俳優陣が顔を揃えた。

渡に導かれ、ラスト・ショウを目指して奮闘する5人の若きダンサーには、本物のダンサーたちをキャスティング。4ヵ月間にもおよぶ大規模なオーディションで、500人を超える応募者の中から勝ち抜いた彼らだが、芝居経験はゼロに等しい状態だった。そんな彼らが、劇中のストーリーさながらに、素晴らしい役者へと成長する。若者たちが自らの限界を超えていくドラマティックな軌跡をリスペクトして撮るのは、撮影監督・会田正裕。練達のキャメラマンの強烈な眼差しが、映画ならではの世界観を創り出していく。

フィクションを超えてしまうライヴのエッセンスは、この映画のハイライトとなる「ラスト・ショウ」にも反映されている。24分にもおよぶ圧巻のショウでは、水谷の豊かな才能が見事に花開く。壮大な音楽を手掛けたのは、水谷の歌手活動もサポートしてきた佐藤準。春夏秋冬をテーマに構成された圧倒的な楽曲で、ダンサーたちのパッションを解き放つ。タップダンスの監修振付には、ダンサーの心の音色に耳を傾けるフレッシュな表現方法で、タップの可能性を広げる日本を代表するダンサーのHIDEBOH。さらにスーパーバイザーとして“日本タップダンスの祖”と呼ばれた、故・中川三郎の愛娘にして後継者・中川裕季子が参加。このほか長年、水谷と共に国民的ドラマを手掛けてきた最強スタッフが、水谷監督の自由で大胆な作品世界をしっかりと支えている。

本作は、2016年4月から5月に掛けて撮影。約8ヵ月間に及ぶ緻密な編集と、音楽とタップ音にこだわったダビング作業を経て、完成を迎えた。
ラスト・ショウが始まる直前、渡は盟友・毛利にこう語る。
「夢を見るのはこれからだ」。

「ドキュメント」と「ショウ」と「映画」を感動でつないだ、まだ誰も見たことのない「世界」へ、今、観客を誘う。

WHAT IS TAP ?

【タップダンスとは】

1700年代中盤にアメリカ南部の黒人奴隷により生まれたとされるダンスの一種。つま先とかかとにタップチップという金具を取り付けた特殊なシューズを履き、足を踏んだ際に出る音と共に踊る。動きだけでなく楽器のような側面も持ち、幅広く自由な表現を可能にする。現在ではショウとしてのビジュアル的要素の強いブロードウェイスタイルと、黒人ストリートダンスを発祥とするNYスタイルのリズムタップという大きく二つの流れがあり、様々な文化と融合している。
日本では1931年、新橋に日本で最初のタップダンス教室が開設。1933年に中川三郎がブロードウェイで「雨に唄えば」のドナルド・オコーナーらと共演するなど大成功を果たし、タップダンスの知名度を大きく上げた。2003年、北野武監督映画『座頭市』で、本作でもタップダンス監修振付を務めているHIDEBOHによるタップシーンが描かれたことで、その人気に火が付き、自由な表現に一躍注目が集まっている。

STORY

1988年12月24日東京「THE TOPS」
ステージに置かれたドラム缶の上で、若い男が激しいタップを踏んでいる。男は、宙高くジャンプするも着地に失敗。落下の際に倒れたドラム缶の下敷きになり、左足に大怪我を負う。これが天才タップダンサー・渡真二郎(水谷豊)の、ラスト・ショウとなった……。

それから、約30年後。
ダンサー引退後も、振付師としてショウ・ビジネスの世界に身を置く渡だが、酒に溺れ、自堕落な日々を過ごしていた。ある夜、渡のもとを旧知の劇場オーナー・毛利喜一郎(岸部一徳)が訪れた。約半世紀の歴史を誇る劇場「THE TOPS」も、時代の流れとともに客足が遠のき、いよいよ看板を降ろすことに。その最後を飾るショウの演出を、盟友の渡に依頼しに来たのだった。気乗りのしないまま、とりあえず参加したオーディションの途中で、席を立った渡の足を引き止めたのは、ある青年のタップの音だった。MAKOTO(清水夏生)の踏むプリミティブなパワーに溢れたリズムに、渡の止まっていた時間が再び動き始めた……。
錆びついた過去の栄光に浸るのではなく、これからトップに昇り詰めようという夢にやみくもな情熱を注ぐ若手ダンサーとのパワフルで自由な舞台制作に、意欲を燃やす渡。MAKOTOをはじめ、渡の厳しいオーディションを勝ち抜いたRYUICHI(HAMACHI)、MIKA (太田彩乃)、YOKO(佐藤瑞季)に、JUN(西川大貴)も加わって、「ラスト・ショウ」に向けて、ハードなレッスンが始まった。ステッキが折れてしまうほど常軌を逸し、気迫に充ちた渡の過激に加速していく特訓に耐え、若きダンサーたちは恋人や家族、人生さえも投げ打つ覚悟でひたすらタップを踏み続ける。
究極の師弟関係は、ステージを降りて、それぞれに苦悩を抱えた若者たちの人生にも変化をもたらしていく。恋人・華(北乃きい)との将来に自信が持てないナイーブなMAKOTOの心に、シビアなショウ・ビジネスの世界でしぶとく生き抜いてきた渡の言葉は、灯りをともした。
一方、未知の可能性に輝くMAKOTOのタップは、渡を新しいステージに押し上げる。伝説のダンサーは、今この場所で再び自分らしい生き方を、自分の体験を次の世代へ継いでいく指導者としての夢を、見出しはじめていた。ショウに懸ける想いをひとつに、渡たちはまだ誰も見たことのない世界へと挑もうとしていた―――。

2017年5月14日東京「THE TOPS」
幾多のトラブルを乗り越えて、遂に迎えた最後の夜。今ひと際輝く、不世出のアーティスト・渡がステージを見守る中、「ザ・ラスト・ショウ」の幕が上がる。

DIAGRAM

CAST

  • ■渡真二郎 / 伝説の元天才タップダンサー。
    足に大けがを負いショウ・ビジネス界から姿を消していた。
    YUTAKA MIZUTANI
    1952年7月14日、北海道出身。主演作としてTVドラマ「バンパイヤ」(68/CX)、「傷だらけの天使」(74/NTV)、「熱中時代」(78/NTV)、映画として『青春の殺人者』(76/キネマ旬報主演男優賞受賞)、『相棒-劇場版-』シリーズ(08~)、『HOME 愛しの座敷わらし』(12)、『少年H』(13)、『王妃の館』(15)などがある。
  • ■森 華 / タップダンサー・MAKOTOの恋人。
    美容師をしながら彼を支えている。
    KIE KITANO
    1991年3月15日、神奈川県出身。主な映画主演作として、『幸福な食卓』(07/日本アカデミー賞新人俳優賞受賞)、『ラブファイト』(08)、『ハルフウェイ』(09)、『僕は友達が少ない』(13)など。歌手デビューや14年から2年間情報番組「ZIP!」(NTV)で総合司会を務めるなど幅広い活躍をみせる。
  • ■MAKOTO / 才能溢れる若きタップダンサー。
    建設現場で働きながら夢を追い続けている。
    NATSUO SHIMIZU
    1987年6月12日、埼玉県出身。7歳よりタップダンスを始め、火口ひろ子、HIDEBOHに師事する。映画『座頭市』(03)にも参加。HIDEBOH率いるLiBLAZEのサポートメンバーの他、自らの音楽性を活かしたバンド「2V-double ve-」のプロデュース等、タップをエンターテインメントに不可欠なものとすべく活動。
  • ■吉野完治 / タップダンスの殿堂「THE TOPS」の従業員
    且つ毛利の運転手。
    NAOMASA MUSAKA
    1954年4月10日、東京都出身。86年『ジャズ大名』で映画初出演。主な映画出演作は、『しこふんじゃった』(92)、『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(94)、『写楽』(95)、『スーパーの女』(96)、『マルタイの女』(97)、『座頭市』(03)、『TAKESHIS'』(05)、『石内尋常小学校 花は散れども』(08)、『一枚のハガキ』(11)など。
  • ■吉野完治 / かつて「THE TOPS」の事務員として
    働いていた女性。
    BEVERLY MAEDA
    1948年8月8日、神奈川県出身。64年ミュージカル「ノーストリングス」で初舞台。66年資生堂キャンペーンガールに起用される。79年「コーラスライン」の出演を機に本格的なミュージカルスターとして歩み始め、以降「ウエストサイドストーリー」(83)、「レ・ミゼラブル」(97)、「マンマ・ミーア!」(04)、「アプローズ」(08/第30回松尾芸能賞優秀賞受賞)など多数の作品に出演。
  • ■毛利喜一郎 / タップダンスの殿堂
    「THE TOPS」のオーナーにして渡の盟友
    ITTOKU KISHIBE
    1947年1月9日、京都府出身。67年「ザ・タイガース」としてデビュー。解散後俳優に転向。主な映画出演作に、『死の棘』(90/日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞)、『相棒-劇場版-』シリーズ(08、10)、『大鹿村騒動記』(11)、『少年H』(13)、『舞妓はレディ』(14)、『FOUJITA』(15)、『団地』(16)など。
  • ■JUN自閉症気味のタップダンサー。タップダンスの実力を買われる。
    TAIKI NISHIKAWA
    1990年8月30日、東京都出身。01年ミュージカル「アニー」でデビュー。主なミュージカル出演作は「誰もがリーダー、誰もがスター」(02)、「ボーイ・フロム・オズ」(06)、「レ・ミゼラブル」(11)、「ミス・サイゴン」(12)など。
    ■RYUICHI野心溢れるタップダンサー。普段はホストとして働き、生計を立てている。
    HAMACHI
    1977年4月12日、東京都出身。浅野高校、日本体育大学では野球に没頭。グレゴリー・ハインズ主演の映画『TAP』を見て感激しタップを始める。映画『座頭市』(03)に出演。現在はHIDEBOH率いるタップグループLiBLAZEで活躍中。
  • ■MIKA厳格な父に隠れタップを続けるダンサー。政略結婚の相手がいる。
    AYANO OHTA
    1984年10月15日、東京都出身。94年ミュージカル「アニー」で舞台デビュー。子役から現在まで数々の演劇作品に出演。近年では舞台、映画、TVドラマとジャンルを問わず活躍の場を広げている。
    ■YOKO明るい性格の女性タップダンサー。太りやすい体質。
    MIZUKI SATO
    1995年2月26日、東京都出身。大学在学中に中川三郎の実娘である中川裕季子に師事しタップダンスを始める。今作が商業映画初出演。出演した舞台に「ザッツプレゼンテーション」(16)、タイガープロジェクト「道」(16)などがある。
  • ■夏木萌タップダンスの殿堂「THE TOPS」の事務員でしっかり者。
    SANA
    1988年9月14日、東京都出身。97年ミュージカル「アニー」で子役としてデビュー。ミュージカル「オズの魔法使い」(98)、「ライオンキング」(99)、映画『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』(02)、舞台「櫻の園」(07)などに出演。
    ■アステア太郎タップ歴50年超?の老ダンサー。名前はフレッド・アステアから。
    HIDEBOH
    ●タップダンス監修振付 1967年10月7日、東京都出身。日本を代表するタップダンサー。米ブロードウェイの著名振付師・ヘンリールタンに師事。03年北野武監督作『座頭市』に振付・出演し注目を集める。音楽との新しい融合を目指した新しいタップパフォーマンスを行っている。
    ■八王子のジンジャー半端な英語を操る女性ダンサー。名前はジンジャー・ロジャースから。
    KAHO SHIMADA
    1963年9月19日、東京都出身。87年ミュージカル「レ・ミゼラブル」で脚光を浴び、英国王室主催「ザ・ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス」(87)に日本人女優として初めて出演。主な出演作に「ロミオとジュリエット」(96)、「ウエストサイド・ストーリー」(04)など。

DIRECTOR'S COMMENT

映画を作るなら、タップダンスをテーマにと思い続けてきました。子供の頃に心動かされた、チャップリンの影響もあるでしょう。20代になってブロードウェイで、サンディ・ダンカン扮するピーター・パンが、インディアンと踊るシーンを観た時、涙が止まらなくなりました。彼女の踊りに高鳴った鼓動を、観客に伝えられるような映画を作りたいと願ってきました。
あれから40年がたち、今回、監督としてこの映画に携わった時間は、本当に幸せでした。全てのカットが、自分のイメージを超えていく。撮影中から密かに“これは面白くならないわけがない”と感じていました(笑)。確かに簡単なベースは僕が作りましたが、それぞれの仕事ぶりに、一番驚いたのも僕じゃないか? と思っています。完成作には、スタッフ、キャスト一人ひとりの才能が反映されていて、一本の映画にはいかに多くの人の力が必要なのかと実感しました。監督をやらなければ、わからなかったことです。
エンターテインメントならではの夢の世界へ、みんなを連れていけるように、と目指した、クライマックスのラスト・ショウ。『感動のダンス』の撮影では、タップとはこんなに豊かな表現のできるエンターテインメントなんだ! と改めて感動しました。地面を踏み鳴らし、音が重なり、リズムを作る。誰にでもできて、誰の中にもある音楽。タップの、普遍的な感情表現に、惹かれていたのかもしれません。自分らしく生きていくためには、人としてどうあるべきか? と考える、パワーの必要な時代だからこそ。監督/水谷 豊

STAFF